アデノウイルスで眼科へかかる(家族全滅の体験談)

スポンサーリンク

とある水曜日:
下の子(生後4か月)の目が赤いと保育園で指摘を受ける。保育園ではアデノウイルスが流行していたため、「こりゃ確定だろう」と思いつつ、眼科へ。
ところが、受診した眼科では「アデノウイルスではない」との結果。
目をひっかいて赤くなっているだけじゃないか?とのこと。
ちなみに、このときには検査キッドを使わず。
親としては、乳児医療証で検査代も無料になるため、念のため検査してほしいなぁと思わなくもなかったが、そこは税金だし、見た目でお医者さんが「アデノではない」とおっしゃるんだから、まぁいいかと思った。
アデノではないなら保育園にも堂々と預けられるし、良かった良かった。

アデノウイルスではなかったため、「アデノが治りました」という証明も出ない。従って登園許可証もなく、そのままの足で保育園へ。(朝一で眼科を受診したため、受け渡し時間には間に合う)

しかし、この頃から、下の子の便の回数がやたら多くなり始めた気がする。
新生児期は便は1日に7~8回。
生後3か月くらいには1日に1回出るか出ないかまでに減っていたので、ここにきて(生後4か月で)

スポンサーリンク

同じ週の木曜日:
下の子のお迎え時、「やっぱり目が赤いままなので、もう一度受診してください」と言われる。
お迎えが6時だったため、「今からじゃ間に合わないな…」と思い、病院には明日行くことに。

ところが、木曜の夜に下の子が母乳を戻す。
今までほとんど戻したことがなくあたふた。

翌日金曜日;
下の子が発熱。保育園はお休みする。
「やっぱりアデノウイルスだったか?」と思ったが、眼科に行こうにも既に目の充血も引いている。
熱が出ているので、内科にかかることに。
しかしここでもアデノの検査はせず。
「うーん、目が赤かったという形跡もあるし、熱もあるけど、元気だし…」
ということで、「アデノと確定せず様子見」となった。

眼科も内科も、「アデノウイルスです」ってあまり確定することをしないのかな?
保育園では「○月○日○○組にてアデノウイルス○人発症しました」と掲示される。ということは、みんなどこかで確定してもらっているだろうに、なぜうちの子は確定してもらえないのだろう…。
それとも他の保護者は「確定してください」って強めに病院にお願いするのかしら?

いずれにしても、37.5℃以上熱が出てしまっているので、保育園は登園不可。
そのまま週末に突入…。

と思ったが、私(ママ)の目もなんだか赤い。これはもしかして…?

土曜日:
私の片目が明らかに結膜炎。
最初に下の子がかかった眼科へ行き、ここでようやくアデノウイルスの検査をすることに。
結果、陽性。「お仕事されてますか? 5日間会社に行けませんね。インフルエンザと同じ扱いです」と言われた!

眼科の先生は水曜日に下の子を連れてきたことをあまり覚えていらっしゃらなかったらしく、家族の受診履歴をパソコンで見て「うーん」とうなる。
「やっぱり下の子がアデノウイルスで、うつったんですかね」
と言ってみたものの、「そうかも知れないけどやっぱり違う」みたいな、なんともよく分からない回答。
こちらとしては、保育園から言われている「アデノウイルスの症状が収束後2日経ったら登園可能」という条件さえクリアしてもらえればいいんだけどなぁ。
と内心思いつつ、子供は連れてきていなかったので、私自身の診察を終え帰宅。

(いつも医療証で無料に慣れていたから、眼科と処方薬で3,000円近くかかってしまって、「あ、そうか。大人は有料だった」と思う。てへへ)

余裕があったのはここまで。
帰宅後、嘔吐が止まらなくなる。スポーツ飲料水を2L飲んで全部吐く。
下痢も止まらない。
トイレに行ったら、さてどっちから出すかな~?というカンジ。
つわりより辛かった。陣痛に匹敵するかもというくらい、5分間隔で波が来た…。
2~3時間で収まったが、永遠のような長さだった。

日曜日:
発熱。大人の発熱は辛い。

結局、土日の買い物と食事作り、上の子の相手をパパにお願いしていたが…。

月曜日早朝:
上の子が嘔吐・発熱。
パパもダウン…特に熱が高く38℃越え。

上の子とパパは結膜炎の発症はなし。下痢もしてないようで、微妙に症状が違う。

「アデノウイルスは家族間で回すことになると思うけど、ウイルスが少しずつ形態を変えるので症状が変わる」と眼科で言われた。
「多分、家族で何度もかかることはないと思うけど、型が変わってしまうとまたかかる」とのこと。

恐ろしいアデノ…。