小学生の頃~友達と足並みを揃えるのが苦手だった

IMG_0019

 

 

【友達と足並みを揃えるのが苦手だった】

 

やはり小学校高学年の時の話。

1クラスで数名しか枠のない飼育委員になりたい希望者が殺到し、

じゃんけんで決めることになった。

一緒にじゃんけんに参加した女の子が負けてしまい、

あたしだけが勝ち残った。

 

あたしは当然、自分が希望した飼育委員になったのだが、

負けた女の子に

「普通、友達が負けたら一緒に抜けるよね」と言われる。

それからその子からは距離を置かれてしまい、

しばらく落ち込んだように記憶している。

 

あたしは友達より自分の欲望を優先する、

やはり卑怯な子供だったのかも知れない。

 

 

大人になってからもクリエイターとかがインタビューで

「やっぱり仕事って人ですよね。何をやるかより、誰とやるかですよ」

みたいな事を言っているのを見かける。

 

・・・もしそうなんだとしたら、

あたしはどうやらクリエイターではないらしい。

 

友達と飼育委員になることよりも、

一人でも飼育委員になってニワトリと戯れることを選んだ。

 

養鶏場のニワトリとは違って、

小学校で飼われていたニワトリは、

毛並みがきれいで割りと小ぶりで大人しい性格だった。

 

当番の日は少し早起きして

誰もいない学校に入っていくのも好きだったし、

返事もしないニワトリに話しかけて

その日のニワトリについて家族に話す。

 

 

じゃんけんに負けた友達には悪いが、

飼育委員の仕事は楽しくさせてもらった。

 

仕事は一人でもいいと今でも思っているから、

昔から孤独な気質なのかも知れない。