サドベリースクールの存在を知った

ふとしたきっかけで、サドベリースクールという存在を知ることになる。

 

それが、自分の子育て論を確率するために、色々な検索キーワードで

参考になるページがないかさがしていた。

 

「親が自分のやりたいことをやって好きに生きることが

子供にも良い影響を与えるのではないか」

 

なんとも都合の良い子育て論。

 

しかし、あながち間違いではないのではないかと

漠然と思っていた。

 

サドベリースクールのことを知って、少し調べていくと、

意外な人物の名前が。

 

本田健。

大富豪ユダヤ人の教えとかで有名な人。

この人の著書はコンビニでも見かけるほどメジャー。

 

なんと子供をアメリカのサドベリースクールに通わせた経験があるらしい。

 

本田健は、育児のためにプチリタイヤ?をしたことでも有名。

(有名と思っている割に色々用語は曖昧^^;)

 

育児に真剣に向き合っている著名人がサドベリーを選んでいたとは。

あたしもなんだか、あまり知られていない

「サドベリースクール」という選択肢を知れたこと

たどりつけたことに、軽い優越感を覚える。

 

まあ、それが何の役に立つか、うちの娘がサドベリーに通うことを望むかどうかは、

今のところまったく未知数だけど。

 

それにしても、今3歳3ヶ月の娘。

サドベリーには4歳から通える訳だから、もし通うことになったら、

そう遠い未来の話でもないのだ。

 

悠長にこれから子育て論を確しようとしている親だが、

そもそも子育てなんて手探り。

 

本音を言うと焦ることもあるけど、

どんなに親が焦りを感じていても仕方がない。

 

さて、一見非常識に見える「サドベリー教育」、

別に4歳から入れなくちゃ入れなくなる訳でもないので、

気長に構えてみようと思う。