言う事聞かない=発達障害?(汗)

保育園に「問題児」と言われる男の子がいる。

先生の言う事は聞かない。言われた事を言われたとおりにやらない。
「じっとしてて、座ってて」がきけない。

が、あたしは彼のことを「問題児」とは到底思えない。

明らかに頭が良くてしっかりした子だ。
先生の言われたとおりのやり方をしないのも、別のやり方をした方が「面白い」とか「効率が良い」というのを分かっているのだ。

ある意味、自主性のある聡明な子である。

保育園の先生もむしろ一目置いているんじゃないか?と思う。
まあ、ほかの子が彼に追従してしまう場面もあるらしく、「彼には困った」と思うこともあるかも知れないが。

反対に、うちの娘は家の中ではプリンセスのようにワガママだけど、保育園ではしっかり整列して先生の話も良く聞く「優等生」である。

戦時中なら、率先して軍国主義の教えを守り、はみ出す人たちを「非国民扱い」にするような性格だと思う。

そう、そうなんだ。
「上の命令に素直に従う」という感性は、ある意味恐ろしい。

まあ生きやすい(育てやすい)のは「言う事を聞く子」だってことは分かる。

だけど、大人になってからの生活力や自立力は、確実に「自主性のある聡明な子」である。
ある意味羨ましい。

しかし、肝心の彼のママはそう思っていない。
みんなと同じ事が出来ないと悩んでいる。

定期健診のとき、お医者さんに相談したら、なんと「発達障害を疑った方がいいかも」といわれたらしい。
本人の様子を知っているあたしはもちろんびっくりしたし、他のママたちもこぞって否定して「気にしない方がいい」と言った。

正直、初めてその子の様子を目にするお医者さんに、判断は難しい。
お母さんが相談したから、それに答えただけという気がする。

でも「気にするな」って言っても、ママの方はそう簡単には行かないだろうな~。
言う事を聞いてもらえなくて毎日毎晩、毎瞬苦労しているのは当のママだから、何か病名のようなものがあった方が救われる場合もあるだろう。

しかしまあ・・・やっぱりその子の「頭の良さ」を知っているだけに、第三者の責任のない立場からこんな記事を書いて「ふざけるな」と思われても仕方ないのだが、なんかやっぱり残念な話ではある。

スポンサーリンク