【タロット】保育園に入れるか占ってみた

image

今回は、自分のことを占ってみた。

しかも、二人目が保育園に入れるか占ってみた。

いつもは、無料の依頼を受け付けています。

希望の方はこちらからお申込みください。
「アンパンマン苦行」管理人sayoによる無料占い

 

相談内容:
来年4月に、今お腹にいる子を保育園に預けたいと思っていますが、無事に入れるでしょうか?

鑑定結果:

自分のことだと、ここで丁寧に書くほどのことではないんだけど、やっぱりきちんと書くかな^^;
結論から言うと、保育園には入れそうです。

そう読み取った根拠は、以下の通り。

近い将来の位置に、結論らしきカードが出ている。
質問者(あたし)の立場や状況の位置に「棒6の正位置」というカード。
このカードのキーワードは「誇らしげな勝利」。

問題全体の近い将来を表わす位置にも、「月の逆位置(キーワード:これまでの不安や誤解の解消)」
問題全体の現在を表わす位置に「正義の正位置(キーワード:公正な判断がなされる)」

これを総合して、

「役所はきちんと公正に判断してくれる。
 保育園に入れるんだろうか?という不安は解消される。
 他のママたちとの保育園入園戦争に見事打ち勝つ」

と読んでみた。

(こんな戦争、誰も望んじゃいないんだけどさ…)

ただ、「最終結果」は「節制の逆位置」が出ていて、これは物事がスムーズに進まず停滞するという意味。
「誇らしげな勝利」と真逆な気がするけど、おそらく預けても子供がまだ生後5か月未満なので、ちょうど母乳による免疫力が下がる時期でもあるし、風邪やら熱やらで、「預けたからってそう簡単に今までのように仕事は出来ないよ」という忠告と受け取った。

「ギク」っとしたのが、「金貨9の逆位置」=キーワードは「贅沢から来る不満」。
あたしの現在の状況のところに出たのだが、今現在は1人目を無事に保育園に預けられているんだから、それだけでもありがたいんじゃないの?と言われている気がした。

過去の「恋人の逆位置」は、なんだろう、在宅勤務の自営業なのに1人目は預けられてるってのが不誠実ってことなのかしら。^^;
ちゃ、ちゃんと仕事してるのに…。

個人的にウケたのが、全体の過去を表わす「棒5逆位置(キーワード:結論の出ない論争)」

「保育園入れるかなあ?」ってママ友に会うたびに、ウダウダ愚痴ってしまうんだけど、それって、どうしったって役所が判断することだし、その時の保育園の数と、新しく自治体に流入してくる子持ち共働き家庭の数という、自分たちではどうしようもない問題なんだよね。はっきり言って。

まさに「結論の出ない論争」をしているわけだ。

あと、相手の状況を表わすカードの、過去から現在、近い将来までの一連の流れ。
これがまさに、うちの所属している自治体の「待機児童問題への取り組みの変化」に見えて仕方がない。

過去を表わす「隠者の逆位置(他人を避けて心を閉ざす)」。
これは役所に「今回、保育園入れますかね?」と聞いたところで「なんとも言えません、わかりません」としか答えてくれない児童家庭課の担当者を連想(苦笑)。

でもその後、現在では「聖杯10の正位置(家族円満を表わすカード)」=「児童家庭課」だけに、自治体の家族の幸せのために努力している!

近い将来では「剣4の逆位置(事態がゆっくりと動き出す)」=努力が実って待機児童問題が徐々に解消!

…と読み取れた。
役所といえど、冷たいとか無機質とか文句ばかり言っていてはダメだね。確かに保育所は年々増えているし、頑張ってくれているんだと思います。

スポンサーリンク

P.S.

後日談。
2人目、保育園受かりました。
占いの読みは当たった事になる。

しかし、もしかしたら復帰前のように仕事するのは厳しいかもしれない。仕事そのものが減り、最悪、前より収入が減ってしまうかも。

これが節制の逆位置が指摘していた「思うようにいかない」という部分かも知れない。

別の仕事、探さなくちゃかもなあ。。