カバオ君に違和感があるのはあたしだけだろうか?

 

 

image

 

 

アンパンマンに登場するキャラクターの子供たち・・・。

カバオ君とかちびぞう君とか、あのあたり。

 

「アンパンマン」「ばいきんまん」「ドキンちゃん」あたりと比べると、どうも適当に作られた感が払拭できない。

 

その中でも、学校の先生である「みみせんせい」とか、子供たちの一人の「ちびぞうくん」なんかは、多分最初は適当に作られたんだろうけど、後からキャラクターがいきいきしてきた気がする。

 

みみせんせいに関しては、 当初名前もなかったが、人気が出てきたので後から名前をつけたと、やなせたかしが著書で語っていた。

 

 

ちびぞうくんも、原作絵本で妹分が出てきたり

(立ち読みで見ただけなので詳細は思い出せない)

お母さんの「でかこかあさん」もキャラがしっかりしていて、結果いい感じになっている。

 

でかこかあさんの活躍は、顔の汚れたアンパンマンを投げ飛ばしてジャムおじさんの新しい顔の到着を待たずしてばいきんまんをやっつけるなど、 結構頼もしい。

 

同じ母親としてちょっと嬉しくなったりもする。

 

 

「問題はカバオ君だ」と、勝手に思っている。

 

普通、あのビジュアルは「ガキ大将」だろ、と思う。

ジャイアンとかブタゴリラ的な。

 

 

まあ、アンパンマンにはばいきんまんという悪役がいるのでそうならないのも分かるが、にしてもなんで、「ですます口調」なんだ?

 

 

「僕、お腹が空きました」とか、

「はは、そうでした」とか。

照れ方が「おっさん」くさい。

 

スポンサーリンク

 

かと思えば、時々何の脈絡もなく自分の母親のことを「お母様」とか言い出す。(金持ちという設定は見たことがない)

 

なんかカバオ君だけ浮いているような気がして、どうでもいいと思いつつも、いつも違和感を感じていた。

 

で、最近になってカバオ君の声優が あの「山寺宏一」だと分かって、なんとなく納得してしまった。

 

山寺宏一はすでにチーズやかまめしどんなど、アンパンマン内ではレギュラー・準レギュラー級の役を 色々やっている。

 

カバオ君も結構な頻度で登場するから、その役作りでああいった立ち位置のキャラに落ち着いたのか?と。

 

 

山寺宏一が演じているキャラの中だけじゃなく、アンパンマンに出てくる膨大なキャラクターの中で、被らないように、被らないように役作りをした結果、なんだか子供っぽくない「ですますキャラ」が出来上がったのではないかと・・・。

 

スポンサーリンク

 

まあ普通に考えたら、特に何かで葛藤したり誘惑されたりしないので事件には巻き込まれず、健康的で素直でいいヤツだから、自分の子供だったら育てやすいかなぁとは思うんだけど。

 

・・・かわい気はゼロだな、と思う。