アンパンマンのアニメにやなせたかしが関わって良かったのか?

アニメの監督はそんなに重要か?

少なくとも、アンパンマンのテレビにしろ、

アンパンマンの映画にしろ、監督のことはよく知らない。

 

でもそれはアンパンマンだけでなく、例えばNHKのアニメで、以前、

上橋菜穂子の「守人シリーズ」のことで考えてみる。

 

正直、監督が誰とか原作との違いとかそんなに気にしなかった。

 

けど、「山賊の娘ローニャ」の監督が「宮崎吾朗」です、と聞いたとたんに、

なんだか色々構えてしまう自分がいる。

 

「94歳まで生きたアストリッド・リンドグレーン」っていう作者よりも、

あんまりいい意味でなく、監督に注目が行っちゃうのって・・・。

ちょっと悲しい。

 

 

もう他界してしまっている、しかもスウェーデン出身のリンドグレーン。

もしかしたら遺族がきっちり見守って、アニメの行く末を監視しているのかも知れないが、

作者本人が関わることはもう不可能だ。

 

このあたり、やなせたかしは自身でアニメにもずいぶん携わっていたから、

アンパンマンにおいては「原作の雰囲気が壊れる」とかそういう懸念がない。

 

ところで、

アンパンマンがアニメ化された当初、

呼ばれてもいないのに、やなせたかしが制作現場に現れてあれこれ注文をつけ、

現場からは煙たがられていたらしい、とやなせたかし本人が話している。

 

けむたがられつつも、きちんと監視?してたことがアンパンマン長続きの秘訣なら、

結果的には良かったんだろう。結果論だが。

 

ちなみに日本のアニメーション制作会社がアニメ化したあのムーミンも、

原作者のトーベ・ヤンソンにこれでもかというほどお伺いを立てながら、

アニメを制作していたらしい。

 

原作者にお伺い立てながら、いいもの作るって大変。(><)

 

スポンサーリンク