カラコちゃん見たくない!と拒否する娘

ちょっと前に、カラコちゃんが登場する回が放送された。

題名はちょっと忘れちゃったんだけど、「とんがらしさんとカラコちゃん」とかだったかも知れない。

カラコちゃん、初登場で「アンパンは嫌いだけどアンパンマンは大好き!」という、甘いもの苦手&辛いもの大好きという異色キャラの立ち位置を獲得。
それが原因かどうかは知らないが、娘のmiyoはカラコちゃんが大のお気に入りで、何度もリピートしてみたのを覚えている・・・。

そんな娘が大好きなカラコちゃんだったのに、この前の登場回は、「見ない」と言い出した。

あれ? なんでだろ。。。

あんまり気にならなかったのだが、ほんとに何度か「見ない」と拒否されたので、どうしてか聞いてみた。
でも「だって嫌なんだもん」としか答えない。

ただ、1度見たときの様子でちょっと引っかかってたことがあったので、「それが原因かな?」と思い聞いてみることに。

「もしかして、カラコちゃんが『おじいちゃんあっち行って!』って言うから?」

そしたら、「うん」だって。やっぱり!

このお話、せっかくカラコちゃんにお友達ができたのに、おじいちゃんである「とんがらしさん」が、子供たちの苦手なとんがらあめを配ったり、カバオ君のお弁当に勝手に唐辛子をかけたりするから、カラコちゃんがおじいちゃんに怒ってしまう、というシーンがあるのだ。

あっち行ってと言われたおじいちゃん(とんがらしさん)の姿を、娘のmiyoは自分のだいすきなおじいちゃんに重ねたのか、とっても嫌な気分になったらしい。

Jpeg

ガストのおまけたち

結局、1回しか見てないから忘れたけど、まあアンパンマンのことだからきっとカラコちゃんとおじいちゃんは仲直りできたんだと思う。

あたし自身は、自分の祖父は大阪に住んでいて年に数回しか会えなかったので、娘がそんなにおじいちゃんが好きとはわかっていなかった・・・が、今回のことでちゃんと(?)おじいちゃんのことが好きな大人の範囲内に入っている娘がちょっとうらやましくなった。

車で1時間弱で行ける距離に住んでいるおじいちゃん。とはいえ、あたしにとっては義父なので、どうも会う頻度は1か月に1回あるかないかになっちゃうんだけど、娘はあたしなんかより広い人間関係の中で育ってくれているんだな・・・

と、なんだかアンパンマンを見る娘の反応で実感する親であった・・・。

余談だが、カラコちゃんはもう3回目の登場になるが、担当している声優さんが変わっていた。
以前は「やきそばかすちゃん」と同じ岩男潤子さんという声優さんだったが、別の人になっていた・・・。

コネギ君も、初登場と違う人が演じたり、また戻ったりするので、もしかしたらアンパンマンのキャラクターって、メインキャラ以外はそんなに声優にこだわらないという方針なのかも。

スポンサーリンク