アンパンマン苦行と向き合う決意

【アンパンマン苦行と向きあう】

medium_5717178307

アンパンマンのアニメは子供向けでワンパターンで

相変わらず全然楽しみではなく、

ハマっている娘でさえ、

今週のアンパンマンでも先週のアンパンマンでも、

10年前のアンパンマンでも満足しているような有様だ。

 

でもあたしは、やなせたかしのエッセイを読破したことで、

アンパンマンに込められたメッセージを読み取ってみようと思うようになった。

 

子供と付き合ってアンパンマンを観ながら、原作者が込めたメッセージを読み取る。

どうせ観なくちゃいけないなら、学べることは吸収しようと思うようになった。

 

アンパンマンは前より好きになった。

つい子守をアンパンマンに頼みすぎてしまうこともあるが、

アンパンマンの録画やDVDがなければ、

あたしは家族の夕食すら作ることが出来ない。

まあ、娘が一人で観ていられるのはほんのわずかの時間で、

一緒に観ないとだだをこねるんだけど。

 

もう家に侵入してくるアンパンマングッズに文句は言わない。

義理の実家から譲られてくる絵本にもちゃんとお礼を言えるようになった。

 

でも相変わらず、アンパンマンミュージアムに行っても 入場料を惜しんで、

グッズショップだけ立ち寄ってミュージアムには入らない。

オブジェの前でちゃっかり写真だけ取って、

多少お金を落としただけで 大きい顔をしている。

 

DVDも子供が飽きるまで・・・というか自分が飽きるまでは

いちいち過去のものまで遡って借りないし、

今放送しているテレビシリーズで十分。

 

「この映画が名作」とネットに書かれていても

なかなか腰が重くて借りに行かない。

 

ファンとしてはだいぶ失格だと思う。

 

ただ余裕が出来たら、高知には旅行に行きたいと思っている。

 

去年逝去してしまったやなせたかしのお墓にしっかりお参りして、

そこまで行ったんなら さすがのあたしも、

高知のアンパンマンミュージアムには入場料払ってお邪魔したいと思う。

 

やなせたかし生誕100周年あたりを狙うのがちょうど良さそうである。

 

その頃には、アンパンマン苦行はいい加減終わっていて欲しいが、

二人目も欲しいと思っているので、

どうせ第二シーズンで進行中といったことになっているだろう。

スポンサーリンク