ぱっとしないメロンパンナが自分に重なる

 

Jpeg

 

うちにはお雛様がないのだが、
小さいものを置くのもいいかなぁと、
トイザラスや赤ちゃん本舗に探しに行ったことがある。

 

そこで見つけた、アンパンマンのひな壇は、
お内裏様がアンパンマンで、お雛様がメロンパンナだった。

 

 

なぜか、そこでめちゃくちゃ違和感を感じた。

 

この二人のカップルはないだろう、と。

 

 

アンパンマンのヒロインがメロンパンナという位置づけは、
ちょっと違和感がある。

 

こんなにちっともカップルらしくなくて、
妹キャラも定着していないヒロインも、
逆に珍しいような気がする。

 

 

もしかしたら、昔のアンパンマンでは、
もっとメロンパンナはヒロインらしかったのかもしれない。

 

 

(少なくとも「ニャニィ」ではかなり話の中心として機能していた)

 

少なくともあたしがアンパンマン苦行をはじめてからは、
どうもパっとしないというのが正直な感想。

 

ロールパンナのインパクトに比べて、
先に出てきていたはずのメロンパンナって
どうも薄いと感じている。

 

 

 

しかし、考えてみると、
映画には必ず出てくるのはメロンパンナの方で、
ロールパンナは出てくるとは決まっていない。

 

 

というわけで、やっぱりランクは
メロンパンナの方が上だ。

 

しょく&カレに比べても、決して登場頻度は
劣らない。

 

 

(本当は、過去の10年間のデータとかを
調べてパーセンテージを出したら面白いんだろうけど、
まあそんな時間はないのでやめておきます)

 

 

メロンパンナは、実はアンパンマン絵本の読者の声から
生まれたんだそうだ。

 

やなせたかしのところに、
「メロンパンのキャラクターを作ってください」
という手紙が来たという話だ。

 

で、やなせたかしはメロンパンなんて
ハイカラなものを食べたことがなく、
その手紙をきっかけに食べたという話だったかと思う。

 

 

しかし、キャラクターにするのに問題になったのが、
メロンパン特有の縦横に入った線の模様。

 

メロンパンの女の子のキャラクターにしようと思ったけど、
顔に傷があるんじゃあなぁ。

 

色々考えたのか、ひらめきが急にふってきたのかは
忘れてしまったが、
上手い具合に目の周りにシャドーを入れたら、
かわいくなったので採用したそうだ。

 

 

確かに声も見た目もかわいいことはかわいい。

 

けれどあんまりもうアンパンマンとは
絡まなくなってしまったのが不思議。

 

メロンパンナの役割は終わって、
ロールパンナという複雑な事情のお姉ちゃんというエピソードもだしが出尽くして、
そろそろ新しいエピソードで刷新を図ってほしいかも知れない。

 

 

どうしてだろう、「なんとなく廃れたヒロイン」がこんなにも気になるなんて。

 

 

30過ぎた既婚で子育て中心でなんとなくぱっとしない
・・・という自分に重ね合わせているからだろうか?

 

す、廃れてなんかないもん。

子育てしながら、輝く女性を目指してるんだもん!(笑)

スポンサーリンク