知っているようで知らないてんどんまんの歌

Jpeg

♪てんてんどんどんてんどんどん

あたしが小学生の頃から歌われていた てんどんまんの独特のフレーズの歌。

うちの娘も1歳で歌い始めて、

今は2歳だがもちろん絶頂期で好きである。

 

同じ保育園に通う他の子たちもしょっちゅう歌っていて、

2~3歳くらいまでなのかと思ったら、

以前横浜のアンパンマンミュージアムに行ったときに、

アンパンマンショップの間にあるちょっとした広場のところで、

5歳くらいの男の子がかなりエキサイトしてノリノリで歌っていているのを見かけた。

 

テレビに出てくる芸人のギャグはもちろん、

下手な童謡よりよっぽど長持ちしている。

 

どのくらいの経済効果を生み出しているかは知らないが、

子供たちの人気度としてなら、

感覚的には「だんご三兄弟」くらいのレベルじゃなかろうか?と思う。

 

この歌は、てんどんまんの声優の坂本千夏が

アドリブで生み出したというから恐ろしい。

 

このヒットがちゃんと彼女に還元されているといいんだけど・・・

といらぬ心配をしてみる。

 

 

ただ、

「てんてんどんどんてんどんどん♪」

の部分だけが有名で、

その後の歌詞がよく分からないところがある。

 

あたしが親になってから把握したのは、

最初にツタヤで借りたアンパンマンのDVD

「あんぱんまんとおやくそく」の作中でてんどんまんが歌っていた、

 

「てんてんどんどん てんどんどん

ふっくら ころもの あげたて えびてん

おつゆの しみた ご飯が 乙ざんす~~

みんなの 憧れ てんどんまん・・・」

 

というもの。

 

うっかり、これが正式な歌だと思っていて、

カラオケに行ったときに

「てんどんまん自慢歌」というのがあったので入力してみたら、

歌詞も曲も全然違くて歌えなかった。

 

 

あたしがテレビシリーズを観始めてからは、

てんどんまんが単体で出てくることはなく、

ほとんど「どんぶりまんトリオ」として

かまめしどん・かつどんマンと三人でセットで出てくるから、

「てんどんまん自慢歌」は作中でも聞けず、

結局冒頭の「てんてんどんどんてんどんどん♪」ばっかりを耳にすることになる。

 

 

かと言ってCDで借りるほどじゃないし、

歌えるようになったところで、娘も「てんてんどんどん~」の部分しか分からないし、

車でおでかけするときに流しながら覚えたところで、

保育園のお友達は「てんてんどんどん~」の部分しかどうせ知らないだろうから、

うちの娘だけ詳しくなったところで何のメリットもなさそうだし・・・。

 

というわけで、当分は「てんてんどんどんてんどんどん」だけで

事が足りそうである。

 

 

ちなみに娘は、先の「アンパンマンとおやくそく」に出てくる

てんどんまんのセリフ、

「何して遊ぶざんすか? 何、何、何何何?」

を真似するとむちゃくちゃ喜ぶ。

 

何故こんなセリフがツボなんだろう・・・?

でも喜ぶのでやってしまうのが親の悲しい性である・・・。

 

スポンサーリンク