とびひ

スポンサーリンク

1歳の次女がとびひにかかりました。
最初は体にできたかさぶたを見て、「どこで怪我したのかな? 抱っこ紐が擦れたのかも」と、普通の擦り傷だと思っていました。

が、1週間治らない。

そして、最初にできた大きなかさぶたを、太陽がたくさんの惑星に囲まれてるみたいに、小さなかさぶたがボツボツ広がってしまった。

ありゃー、これは「とびひ」だ。

育児も2回目となると、何度か経験した病気には不安にならなくなってくる。

スポンサーリンク

以前の私だったら、「とびひ」なのか「水ぼうそう」なのか、見分けはつかなかったと思う。

とびひは保育園登園オッケー。
水ぼうそうは水疱がかさぶたになればオッケー。

保育園に預けられるなら問題は小さい…。

長女を育てた経験上、ただの肌荒れ(カサカサ)がとびひに発展してしまうパターンはよくある。(本当は薬をきちんと塗ってカサカサの段階で抑えたいが、暴れて嫌がる子供に屈する諦めの早い私)

水ぼうそうは熱も出るし、保育園で流行っているかどうかである程度推測できる。

問診票に「たぶんとびひ」と書いて受診する余裕。

で、看護師さんにも「うん、とびひですねー」と言われる。

アクアチムを処方される。
これも予想済みの塗り薬。
ちなみに大人のニキビで処方されるのもこの薬。

色々分かるようになってきた、成長したぜ!