予定日超過中

とうとう、出産予定日を一週間も超過してしまった。
検診の補助券も切れて全額負担。40週を経過した妊婦は今まで週1回だった検診が週2回になり、おなかの赤ちゃんの状態を確かめるために毎回モニターもつけるので、1回の検診にかかる費用は8,500円である・・・これが週に2回・・・ちーん。

とはいえ、その状態は長くは続かない・・・予定日超過して3回も検診を受ければ、もう促進剤投与のため大学病院へ入院だ。
デッドラインも決まってしまった。21日までに出産に至らなければ、22日に入院。

予定日超過対策1.階段をひたすら昇降する。

これは、37週を過ぎたあたりで既に言われていたのだが、やっぱり予定日超過しないとなかなか腰が重い・・・。
結局、仕事も終わらず、家で資料作ったりメールのやりとりをしていたのも原因か。
ようやく仕事から完全に離れたのも、予定日1週間前(39週)あたりだった気がする。というか、予定日超過してんのに、「ちょっと郵便局行って海外送金頼まれてくれない? もう陣痛来ちゃう?」とか言われている。お産に向けて意識を集中させてもらいたいのが本音・・・もう携帯の電源を切ってしまいたい・・・。

で、結局、助産院の先生に言われた「某マルイの10階までの階段4往復」、1日しかやっていない・・・。今日は4階建てのショッピングモールを4往復半ほどやったけど、4階建てじゃパンチが弱いかな・・・。
自宅マンションが7階建てで、夜は2~5往復を必ずやっていたのだけど、外なので寒い!
今年は暖冬と思って侮っていたが、マフラーと帽子を装着しないと、寒さで頭痛がするほどだ。やはり昼間の室内デパートが良いとしみじみ感じているところである。

予定日超過対策2.とにかく歩く

予定日超過し、陣痛を促すための対策は、やっぱりとにかく歩いて動くこと。
自宅から産院までの3kmの道のりを歩いて往復することに。これが結構、効果が高そう。
もうかなりお腹も重く、赤ちゃんも下がってきているので、とにかく今のあたしは、歩くのが遅い・・・。
片道1時間かけて3km歩く。帰りもひたすら歩く。
iPhoneのアプリに万歩計が入っていたので確認すると、その日は2万歩以上歩いたことになる。
(ちなみに10階建てのデパートの階段を4往復した日は、1万歩を超えたくらい)

しかし計6kmの道のりもむなしく、予定日超過8日目・・・。

予定日超過対策3.お灸とマッサージ

逆子と診断されたとき、紹介されて初めて受けてみたお灸と鍼。
ただ、逆子治療は保険外である・・・1回6,000円。ちーん。
ところがママ友経由で、「妊婦が保険適用で受けられる鍼灸院を知っているよ」という情報をゲット! まじっすか・・・。
逆子治療の時は既に保険外のところを受けたら治ってしまったので、その時にママ友に紹介されたところには結局行っていなかった。

今回は予定日超過ということで、陣痛促進のツボを押してもうために改めて行ってみることにした。

行ってみると、最初は丁寧にカウンセリング。
あたしの場合は、保険適用できる治療+自費治療を組み合わせることが出来るということで、2,800円のコースということだった。

陣痛促進以外の相談も可能だった。
妊娠前から気になっていた「むくみ」は、あたしの腎臓の位置が悪いらしい。
腎臓の位置をどうにかすればむくみにくくなるらしいが、やってもらった施術が、ものすごーくソフトな整体で、全然内臓が動いているようには感じない。
これはもう少し中長期的に通わないとちょっと分からなさそう。
いずれにしても、出産後に落ち着いたらむくみも相談してみようと思う。

予定日超過対策4.香り対策

1人目のお産の時は大学病院での出産だったのだが、その病院では陣痛室でアロマを使ったケアをしていた。
わざわざ書面でアロマを陣痛促進として使うことを了承するか聞かれ、「一応聞いてるだけなんだろうけどやけに仰々しいな、たかがアロマなのに・・・」と思った記憶がある。
が、このラベンダーの香りに、ものすごく癒されたのだ。
殺伐とした病院の雰囲気とは対照的に、リラクゼーション効果ばっちり。

そんな良い記憶から、今回のお産でもラベンダーにお世話になろうと事前に購入。
陣痛を促進する香りなので、安定期前の妊婦さんは逆に流産の危険があるラベンダーの香り。なので商品の注意書きには「妊娠中は使わないでください」と書いてあるが、もう予定日超過してるし、あたしには必要な香りなのである・・・。ということは分かっていても注意書きを読むとちょっとドキドキしてしまう。
まあそんなことが書いてあることは店員さんも気にしてないので、普通にレジで注意されることもなく、無事購入。
ちなみにアロマオイルは、無印良品で購入したのだが、1,500円くらいである。

ところが、ダイソーにも売ってるではないか! わ~まさか100円で買えるとは思わなかった。ずいぶんな価格差である・・・。
なんだか鍼灸院といい、今回のお産で使うお金に対して、価格調査が甘いな、あたし。
とほほ。

しかも、使ってみて思ったのだが、においだけ発するオイルよりも、マッサージオイルを購入した方が良かったかなぁとも思った。
しかし、たぶん1人目がいるからか、ゆっくりマッサージする時間が本当にないんだよなぁ・・・。なので、やっぱりにおいだけの方が他の事をやりつつアロマの恩恵に預かれるので、結果的に効率が良いという結論になった。

それにしても、マッサージする時間をきちんととれるのがベストなのだ。
あたしのような予定日超過体質の妊婦こそ、陣痛促進のためにいろいろやるべきことがあるのだと、いまさら認識を改めている。
仕事を早めにお休みして、お産の準備に取り掛かるべきかなといまさら反省。
どうしても、「どうせ今回も超過しそうだし」、とだらだら仕事を直前まで続けてしまった。なんというか、「産休に入った後もちょこちょこのりしろのように仕事が入ってくる」ことをもう少し想定するべきだった。

というわけで、自分でマッサージはなかなか出来ない。だから家で「香り」だけ漂わせているの、対策としてあながち間違っていないかもしれない。

ところで、ハーブティーのカモミールにも陣痛促進の効果があるらしい。
逆に、まだ陣痛を起こしてはいけない周期の妊婦さんには逆に流産の危険が増してしまうのでカモミールはよくないらしい。
知らずに結構、飲んでしまっていたかも・・・。