ラジオへの憧れ

ラジオが今、熱い。

最近テレビがくだらないという台詞は、今に始まった事ではなくて、あたしが10代の頃から大人はずっと言っていた気がする。

そういう人たちが満足できるかは知らないが、ラジオはニュースにしても日々の気づきにししても、ちょっとした気の利いたトークにしても、下ネタに至っても、全てがテレビよりも「より掘り下げられている」と感じる。

しかもテレビよりも即興的に、低予算で。

スポンサーリンク

テレビがくだらない、特に「浅いなあ」と感じるならば、是非ラジオを試してみてください。

さて、ラジオにここまで惚れ込んでしまったあたしは、実はこのブログを「架空のラジオ番組風」にリニューアルしようかと考え中。

というのも、この「アンパンマン苦行」のブログ、アンパンマンを軸に子育てについてざっくばらんに語っているが、趣味のタロット占い相談を受け付けたり、たまにオススメのスキンケアやコーヒーのレビューを書いたりして、どうもとっちらかってきた感が否めない。

だんだん、ブログの記事の更新頻度が減ってきたところで、「このブログがもしラジオだったら??」とふと閃いた。

ラジオには、パーソナリティが日常を面白おかしく語るオープニングトークがあり、悩み相談を受け付けるのが定番。

毎日放送している番組なら、週替わりのコーナーもある。

スポンサーリンク

もしかしたら、とっちらかった今の状態が、うまい具合に「ラジオ」っぽく収まるかも知れない。

もちろん、ほんとに音声を撮るのはちょっとハードルが高い!

今までは文章として書いていたけど、もっと話し言葉風にしても良いのかも。

よし、ちょっとやってみよ。
って言い始めて、ほんとにリニューアルまでにどのくらいかかることやら。。