子供が喜ぶ遊びはお金いらず!

子供が喜ぶ遊びは、

5千円前後もするおもちゃを買い与えたり、

アスレチックレベルの公園に車で出かけていく・・・

といった、お金や手間がかかることとは限らない。
手遊びでも子供は喜ぶ。

歌詞が遊び心たっぷりの童謡でも喜ぶ。

(パンパパパン、や、ショキショキチョンなど)

でも、もっと簡単に子供が喜ぶ遊び方をあたしは見つけた。

 

アンパンマンに出てくる適当な、
本当にテキトーなセリフを真似するだけで、
うちの子はキャッキャキャッキャと喜んでいる。

 

 
その中でも、3歳になったばかりのうちの子が喜ぶ
マネっこ遊びをご紹介。

 
「あんた一人じゃムリよ~

一座のみんなを連れてきてちょーだいっ!」
という、だいこん役者のセリフ。
厳密に言うと、だいこん役者の変装をした、
ばいきんまんのセリフ。

このばいきんまんの演技が上手すぎて、
覚えてしまったのだが・・・
なぜ娘がこれを喜ぶのか分からない。
出産するちょっと前、

小島よしおという芸人のギャグが

子供たちを中心に大人気となったが、

今ならああいう動きと言葉で

ウケを狙う、というのが分かる気がする。
ある意味、子供が喜ぶ遊びって、

結構単純で、意味はあまり考えなくてもいいみたい。
動きとリズムが大事。

それさえ押さえておけば、とにかく何でもいいんだな、と。
逆に、深く考えちゃいけない・・・。
まあでも、だからと言って、

子供と遊ぶときに単純に単純に流れていけば

喜ぶか?といえばそうでもなくて、

3歳にもなるとパズルもいいかと。
子供が真剣にパズルに向き合ってるときに、

変に単純なマネっこ遊びとかをしかけてしまうと、

喜ぶどころか、「ママッ!」と怒られてしまう・・・。

スポンサーリンク