キリがない物欲を抑える方法とは!?

電子辞書のCMを、ラジオで聴いた。
欲しい!と思った。
普段だったら、自分にあまり関係ないや〜と聞き流すのだが、アンテナにたまに引っかかる商品が出てくる。

電子辞書は、こんなに携帯が発展する前にそこそこお世話になっていたからか、レイコップとかよりもあっ欲しいと反応してしまう。

スポンサーリンク

しかし、限定何台!お待ちしてます!と言われて、やっぱりやめた、えへ。

昔からタイムセールにはあまり良い思い出がなくて、いつからか避けるように。
下手したら、ショッピングモールで、ちょうど物色していた店舗がタイムセールを始めようものなら、逆に選ぶのをやめてその店を後にしてしまうくらいだ。

タイムセールで「折角だから迷っていたのを買う」と、だいたい長続きしない!

スポンサーリンク

電子辞書も、辞書180冊分収録、全部で70万円相当のものがポケットに入るサイズで2万9千いくら!と言われて、うわー欲しいと思ったが、もうフリーダイヤルに電話する競争って時点でやめた!!

そして、冷静に考えた。

電子辞書で手に入るのは「知識」だ。
知識って、「お金」に匹敵するくらい、時にものすごく欲しくなり、「これだけの知識があれば幸せになれるのでは?」と錯覚しがち。

実は、幸せになるためには「お金」や「知識」以外にもあと5つの要素があるという。

さて、突然ですが、それは何だと思いますか?

(2秒ほど待つ)

って何故かじらしてみたが虚しいのでさっさと羅列します。

1. 知識
2. 愛
3. 豊かさ
4. 財産(お金)
5. 躾
6. 健康
7. 仕事

ちなみにこの分類は日経ウーマンの受け売り。

電子辞書の誘惑は、この項目の「知識欲」しか満たさない訳です。

そっか、電子辞書を手に入れたところで、その知識を実際手に入れられる訳ではないし、仮に手に入れられても、他の要素が欠如していれば幸せになれる訳ではない。

したがって、電子辞書は必要ない!

わー、この幸せの要素の7項目、物欲を制御するのにめっちゃ使えるな!

健康器具を勧められたら「健康だけじゃ幸せになれないし…」
モテるノウハウを勧められたら、「愛だけじゃ幸せになれないし…」

よし、これからは何も買わない自信が出てきたぞ。

…こんな感じで物欲を全て消去し続けると、いよいよ本当に自分は何が欲しいのか、何で生きてるのかますます分からなくなりそうだな。