モヤモヤした気持ちを悟りに導く「いなりずしのみこと」の効用

inari

 

アンパンマンに感謝はしている。

退屈している子供の暇つぶしになる。 アンパンマンのアニメや絵本でご機嫌になってくれる。

つまり、子守をしてくれるという意味で・・・

 

 

あくまでアンパンマンは子供が好きで観ている時期だけの お付き合いに過ぎない。

 

・・・というわけで、これから「いなりずしのみこと」について書くけど・・・。

 

わざわざ彼の初登場シーンとか彼が登場する名作について調べたり、

DVDを借りに行ったりしないのでご了承ください。

 

 

 

あたしが観たのは、たまたまDVDで借りた回に入っていた

「みみせんせいといなりずしのみこと」と、

テレビでやっていたので録画した「クリームパンダといなりずしのみこと」だけ。

 

 

昨日もiPadに入れたDVDの方を観ていたのだが、

いなりずしのみことを指して娘のミヨが

 

「おに~に!(おにぎり)」

 

と言ったので思わず笑ってしまった。

 

「いなりずしのみこと」は確かに、 茶色いおにぎりに、

ひじきみたいなおひげをハの字にはやしている。

 

体は弥生時代風の上下白の着物。

 

アンパンマンの他のキャラクター同様、

自分の名前になっている「いなりずし」を作って振舞うのが彼の仕事。

 

「まあ、おに~に(おにぎり)みたいなもんだね~」と同意した。

 

とはいえ、おむすびまんとキャラは被らない。

 

「いなりずしのみこと」は、 ばいきんまんたちにいなりずしを取られても、全然動じない。

 

アンパンマンは、 「いたずらはやめるんだ、ばいきんまん」とか

「もう許さないぞ」と言ったりするけど、

 

いなりずしのみことは違う。

 

 

 

「もし子供たちがいなりずしを食べたいと思ったら、それは必ず返ってくるぞよ」的な

、 悟りを開いたようなセリフを言ってくるのだ。

 

・・・引き寄せの法則? 感情コントロール? 起こった事は必然です、すべて受け入れなさい。

みたいな、自己啓発本でよく見るようなセリフ。

 

悪く言えばすかした感じ。

 

何かの宗教かもしれない。・・・稲荷神社か^^;

 

 

仕事や子育てで、どうしようもなかった失敗や 、

最近うまくいっていないことを考えながら 「いなりずしのみこと」の出てくる回を観ていると、

彼のセリフに「はっ」とさせられるから怖い。

 

たまに耳にする「スピリチュアル」的発想。

 

悩んでいるときには、確証もないことだけれど 気持ちが救われるのは確か。

 

 

ただ、それがアンパンマンにもエッセンスとして隠されているのには 驚きでした。

 

 

 

P.S. いなりずしをせっかく奪ったばいきんまん。 でもドキンちゃんに全部食べられてしまう。

 

お腹が空いたままのばいきんまんは、

いなりずしに対抗したのか キツネのよく分からないメカを作って

全力でいなりずしをもう一度奪いに来ます。

 

こんなメカを作る力があるのに食料が不足しているなんて、

どこかの先進国?と思ってしまった。

スポンサーリンク