軽度の熱中症も見逃さないことがリスク回避のコツ

スポンサーリンク

子どもの熱中症は、軽度のものを見逃さないことがコツです。
なぜなら、熱中症が軽いうちに水分を取り、速やかに涼しい室内へ移動するなどの処置を取れば、重度の熱中症に進むことを防ぐことができるからです。

できることなら、軽い症状が出る前に対策を取ることが第一ですが、症状が出てしまっても慌てずに対処しましょう。
夏の時期、高温多湿の環境では熱中症の症状が出る可能性が高くなっています。

軽度の熱中症は、こんな症状

・体温は平熱のままだったり、高くなっても微熱程度(38度に届かない)
・手足のけいれん
・大量の汗をかいている
・皮膚が冷たい
・腹痛を感じることもある
・吐き気を感じたり、吐いてしまう事も
・顔色が蒼白になる
・めまいで立っているのが大変
・失神する場合も

スポンサーリンク

意外に思うかも知れませんが、汗の量をかくのは、重症化した後よりも、まだ軽度の熱中症の特徴です。
熱中症は重症になるほど汗をかいていない代わりに体温が40度以上、
軽症の場合は体温は38度未満でも大量に汗をかいているのが特徴です。

子どもが大量の汗をかいたら、水分と一緒に塩分も出てしまっていますので、スポーツ飲料などの「体液に近い塩分を含んだ水分」を取りましょう。
お茶やお水だけだと、そのまま重症化してしまう可能性もあります。

熱中症は風邪などの症状にも似ているのでわかりづらいですが、水分補給と過ごしやすい室内で安静にする点では風邪の時と対処が似ています。
まずは水分を取ることが大事です。

熱中症を疑ったら

・スポーツ飲料や経口補水液をとることが必要
・体温を下げる 涼しい室内へ移動したりエアコンをつける。服を脱がせる。
・冷たい水枕などを体に当てる。
・うちわであおいだり扇風機で風を送る
・湿度が低いところで、子どもの体を濡れタオルで拭く
 →体を濡らした水分が蒸発するときに、身体の熱を奪ってくれます。
  このとき、体温よりも少しぬるい「ぬるま湯」を使うこと。冷たいと、血管の収縮を起こしてしまいます。

重度の熱中症まで進んでしまうと…?

子どもが熱中症で死亡する例は、0~4歳と10代が多くなっています。
0~4歳の子どもは、「言葉でうまく症状を伝えられない」「遊びに夢中になって我を忘れる」ので、注意深く観察してくれる大人がいなかったり見ていなかったりすることで発見・対処が遅れる可能性が高いです。
10代は、言葉の問題は少なくなりますが、スポーツや部活など、ほかの子たちと一緒に活動をしている場合、「ほかの子たちは平気で頑張っているから自分も大丈夫」と無理をしたり、周りの空気を読んでしまい軽度の熱中症の時点で体調不良を訴えず我慢してしまうことが考えられます。また、小学校高学年、中学生や高校生は、そもそも大人と一緒にいないで子どもだけで遊んでいることも発見が遅れる要因になります。

死亡するリスクのある熱中症が深刻になってしまう前に、予防することが大事です。
特に、軽度なうちから見極めることが、熱中症を重症化させない対処法となります。