アンパンマンから学ぶ継続性の法則

Jpeg

 

アンパンマンから無理やり学ぶというのが、
このブログの最大のテーマ。

 

 

ただ、あまりにいつもワンパターン過ぎて・・・

緻密に張られた伏線もなければ、布石も敷かれない・・・。

 

申し訳ないけどやっぱり子供だましだ!

 

「毎週放送されているアンパンマンから学べることはほとんどない」

という結論に、一度達したのも事実だ。

 

しかし、「学べることがない」と思えたのは、
あたしが「放送されている内容」しか観ていなかったからかも知れない。

「内容」だけを見ていたら、確かにあまりにも学ぶことはない。

 

 

内容ではなく、アンパンマンから学ぶべきことはその「姿勢」なんじゃないか?

 

どんな内容でも、「続ける姿勢」。

 

 

あたしがアンパンマンをテレビで観始めてから、ようやく1年半くらい経った。

見始めた頃にはわからなかった、「1年以上見続けないと、分からないこと」が少し見えてきたのだ。

 

 

アンパンマンには

 

ば「食べ物をよこせ~」
ア「いたずらは許さないぞ、アーンパ~ンチ!」

ば「バイバイキーン」

 

というワンパターン以外にも、

 

「毎年必ず『はるかぜさん』が来る」

 

「毎年必ずちゅらおばあに会いに行く」

 

「毎年ハロウィンマンが現れる」

 

「毎年必ずクリスマスに・・・」

 

という、年間行事にもしっかりパターンがある。

 

まるで、惑星の自転が「アンパンチ」と「バイバイキン」なら、

公転のように、毎年同じ行事が繰り返されるパターンがある。

 

 

やなせたかしは、原作を食い尽くす勢いのテレビシリーズを、

「モンスターのような食欲」と形容している。

 

そこで、ワンパターンを覚悟で、キャラクターの無限増殖を開始し、

毎週のシナリオをワンパターン化させたという。

 

その後、毎週ではなく毎年続けるために、

毎年のイベントもワンパターン化させることにしたのだろう。

 

「はいはい、やっぱりアンパンマンは
ワンパターンでつまらないのに、
さらに輪をかけてワンパターンでつまらないということね」

ということが言いたいわけではない、決して。

 

 

アンパンマンは、「内容」には重きを置いていない。

 

「継続する」という「姿勢」にこそ重きを置いた結果だ。

 

あたしは、アンパンマンの目に見える「内容」しか見ていなかった。

 

 

【本当に大切なものは、目に見えないんだ・・・】

↑ごめんなさい、これは「星の王子様」の名言でした。

 

(ちなみにやなせたかしは、画風を星の王子様のサン=テグジュペリから影響を受けているそうだ)

 

なぜ、ワンパターンを恐れずに、アンパンマンは続いていくことを選んだのだろうか?

 

ダサくてもかっこわるくても、「続けることの大事さ」がある。

 

アンパンマンもやなせたかしも、

これを伝えたかったんじゃないか?

 

ブログの方向性が分からなくなって混乱した時、

急にそんなことがメッセージとして伝わってきた。

 

わは! 以上。

スポンサーリンク