高知アンパンマンミュージアムのクオリティ

高知のアンパンマンミュージアム。

今や、アンパンマンミュージアムは代表的な全国の都市に点在しているが、最初にできたのは高知である。

「なぜそんな田舎に・・・」と思ったらだめですよ。
そもそも、人をたくさん呼び込むためではなく、やなせたかしが自分の故郷にひっそりと「墓標のように」建てたらしい。

やなせたかしはここに、自分の作品を展示することにする。

やなせたかしは、70代で同い年の奥さんを病気で亡くしている。

自分も死期が近いと本気で思っていた彼は、「墓標」の意味を込めてこのミュージアムを故郷に建設した。

こんな田舎に誰も来ない、と思っていたミュージアムは、全国各地から子連れの観光客が訪れるようになり、いまや高知の観光地として定着しているという。

我が家も、子供との思い出作りに、神奈川からわざわざ高知へ行くことにした。
あたしにとってもmiyoにとっても、初めての四国だった。

それにしても、もし自分の親の世代だったら、「アニメの影響でわざわざ子連れで四国へ行く」というのは考えられなかったと思う。

旅費も安くなり、アニメそのものの価値が上がったんだろうな、とちょっと感慨深くなるあたし。

そんな親の感慨深さなど露知らず、娘のmiyoは飛行機での長旅で容赦なくグズり、おそらくもう二度と来れないだろう高知の地で、アンパンマンのモニュメントに「普通に」はしゃぐ。

ミュージアムは「撮影OK」だが、ブログやSNSへの投稿は禁じられている。

もちろんあたしはミュージアムでアンパンマンとの思い出を写真に収めまくった。

写真の製本サービスの「TOLOT」を使い、家族との思い出にはミュージアム内の写真は満載。

それは残念ながらブログには掲載することができないので、外観を中心にレポート。

まずは、ミュージアムに近い、香美市内の図書館。

IMG_0901

中に入ると、小さめの「分室」規模の図書館で、しかもアンパンマンの本ばかりという訳ではない。普通の図書館!

図書館の向かいのおうちには、ジャムおじさんが。

IMG_0902

町全体でアンパンマンを盛り上げているのが分かる。

ミュージアムの中も、アンパンマンでいっぱい。

IMG_0764

IMG_0765

マンホールもアンパンマン。

IMG_0795

IMG_1153

ミュージアムの前の広場で走り回って遊ぶ娘。

ふと、ミュージアムの建物を見てみると、「屋上にアンパンマン」!

今まであったっけ・・・なかったよね?

IMG_1154

しばらくしてもう一度見ると、さりげなく「屋上のアンパンマン」はいなくなっていた。

細かい所でサービス精神が旺盛。

IMG_1158

高知龍馬空港にて。

アンパンマンと記念撮影。

空港にもきちんとアンパンマンミュージアムが紹介されている。

スポンサーリンク