ナガネギマンとこちょうらんさん

先週あたりから、とうとうアンパンマンも「映画推し」になってきた。

もうアンパンマンを見初めて、3度目の映画だな・・・むふふ。

【映画推しのきざし】

・オープニングが「映画の場面を使った映像」にすりかわり

・エンディングに、映画のゲスト声優さんからのコメント

・ガストやバーミヤンでもらえるおまけのおもちゃが、映画とのタイアップ

1~2週間でその変化を感じるなんて、アンパンマンを見ているだけならともかく、どんだけすかいらーく系のファミレスにお世話になってるんだ?って話ですよね。^^;

300円で子供のおなかをみたし、グッズまでいただけちゃうのでコスパを感じずにはいられない。
・・・手作りの料理が人格を作る!と言っている人たちの反感を買うかも分かりませんが。

さて、「ナガネギマンとこちょうらんさん」。

テレビでは「ぽっぽちゃん」以来の登場か?

うちは、昔のDVDも借りて、平行してみているので、なんだか久しぶりなのかそうじゃないのか分からなくなってきた。

ナガネギマンは今までいろんな人に憧れられてきたけど、美人(?)に好かれる回は始めてみたかもしれない。

こちょうらんさんは、「胡蝶蘭」をモチーフにした、チャイナドレスのお嬢様。

あたしは勝手に、やなせたかしが新宿に住んでいたことと関係しているんじゃないかと踏んでいる。

新宿の繁華街、夜のお店は店舗の入れ替わりが激しい。

新しいお店がオープンすると、きらびやかな「胡蝶蘭」がオープン記念に店舗に並ぶ。

そんな「胡蝶蘭」と「夜の蝶」のクラブのお姉さまがモチーフになったのが「こちょうらんさん」なんじゃないか、と。

まあ、やなせたかしがキャバクラ通いしていたかどうかは知らないけど・・・。

そして、キャバ嬢が「おーっほっほっほ!」なんて、あんな笑い方はしないと思うけど・・・。

あたしはこちょうらんさん、キライじゃない。
強い女性はいいと思うよ。

・・・まあ、子供向けアニメにふさわしいかって言われたら、わかんないけど・・・。

スポンサーリンク