タオルくんとナンド・バット

「タオルくんと、えーっとなんだっけ」

と照れ笑いするmiyo。

「なんだっけ」って良く言うようになったね。

「ナンド・バット」じゃない?
とママが言うと、うん!と嬉しそうにするmiyo。

そして、「タオルくんとナンド・バットみよう!」
と言って、ママがリモコンを操作するのを
ぴょんぴょん跳ねながら待ってる。

「はいはい」とママはmiyoの言いなりになります。^^;

ところで、ママはちょっとだけ複雑な気持ち。

だって、「ナンド・バット」なんて言葉、
アンパンマンでしか使えないんだもん。

ママとmiyoはアンパンマンのテレビを観始めて、
もう1年9ヶ月経つけど・・・

「ナンド・バット」は初めて出てきたし、
今後もそんなにたくさん出てくるのは期待できない。

だから、アンパンマンだけでしか使えないだけでなく、
アンパンマンの中ですら、あまり使える単語ではないんだよね。

でもきっと、子どもの脳はそんなのお構いなしで、
大人が世間の常識で大事と思っていることよりも、
今目の前にある小さなキャラクターの名前を覚えることに、
喜びを感じているんだね。

さて、ここからはママの大人のちょっとした疑問の話。

多分、ナンド・バットは「シンド・バット」が元ネタだと思うけど、
なんで「ナンド」なんだろう?

「シンド」=地震の「震度」

「ナンド」=気温の「何℃」・・・?

まあ、ネーミングセンスに多少のひっかかりは覚えるし、
パロディの方の「ナンド・バット」をmiyoが先に覚えてしまったのも
ちょっとひっかかるんだけど、

ママは個人的に、ナンド・バットが好きだよ。

miyoはもちろん知らないけど、
ナンド・バットの声が、初代のび太君の
「小原乃梨子」さんで、
ナンド・バットが「うふふふ」って優しく笑うのが、
のび太君そのもの!

あまりの懐かしさに、ママはちょっと潤んじゃったよ。

このまま、miyoが小学生になったら、
きっとドラえもんも観るようになると思うけど、
ママが子供の頃に観ていたドラえもんとは、
ずいぶん様変わりしちゃった。

それでも、ママが子供の頃と同じアニメを
今度はmiyoが一緒に観るんだな~って思うと、ママは感慨深いよ。

スポンサーリンク