妊娠初期の腹痛は便秘が原因かも。今日からできる3つの対処法

スポンサーリンク

安定期に入る前の妊娠初期は、お腹が痛いと「赤ちゃんが危険かも?!?」と過度に心配になるかも知れません。

ただ、妊娠初期の腹痛の原因として、最も多いものとして考えられるのは「便秘」ではないでしょうか。

妊娠すると、何故便秘になりやすいのでしょうか?

・運動量が減る
 安定期に入る前なので、特に妊娠初期は安静にしていなくてはいけないとも言われています。
 そもそも、つわりがひどく、身体を動かす機会が減ります。
 そうすると、必然的に運動量が減り、腹筋の力が弱くなり、結果的に排便する筋力が弱くなり、便秘になるという訳です。

・ホルモンの影響
 妊娠すると、妊娠を維持するために増加した「黄体ホルモン」の影響で、腸の働きが低下してしまいます。
 妊娠を維持するための働きなので、ホルモンの次元でも、お母さんのことは後回しになってしまうのですね…。これは致し方ないところかと思います。

・つわりで食事バランスが偏る
 今まで食べることのできたものが食べられなくなったり、食べても吐いてしまったり、においだけでも受け付けなくなります。
 そうなると、今までの排便のリズムが崩れてしまう可能性があります。

スポンサーリンク

妊娠中の便秘、対処法は?

 妊娠初期はまだ体調が安定せず、つわりもひどい場合が多いです。
 しかし、無理のない範囲で規則正しい生活を心がけましょう。
 つわりを和らげるのは難しくても、便秘を解消することで、腹痛という苦痛を一つ減らすことが出来ます。
 また、便秘は妊娠初期に限らず、妊娠中期・後期、産後しばらく悩まされるトラブルでもあります。
 ここで一度、きちんと便秘を解消するという意識を持つのも得策かも知れませんよ。

便秘解消のポイント1.食物繊維をたくさんとる
さやいんげん、ごぼう、おから、ひじき、ドライフルーツなど、食物繊維を含む食材を取り入れましょう。

便秘解消のポイント2.水分をなるべく多くとる
朝起きて、「白湯」を飲む習慣をつけましょう。お水ではなく白湯にする理由は、体温よりも少し高い程度のお湯にすることで、身体がびっくりしないという利点があります。また、実際に白湯を飲んでみると、お水よりも「すーっ」っと体になじむ感覚があります。ポイント3でも触れますが、その後5~10分程度、トイレに行く習慣をつけると、そのまま排便して便秘解消してしまったという声も多いです。

便秘解消のポイント3.決まった時間にトイレに行く
ポイント2でも触れましたが、朝に白湯を飲んで、そのまま朝トイレに行けるようならベストです。
しかし、朝は忙しかったり、おうちに一つしかトイレがなく、夫や子供もトイレに行きたい場合、便秘がちのママは後回しになるという悲しい事情もあります…。
旦那さんが出勤した後にゆっくりとか、働いているママなら少し早めに家を出て、駅のトイレや職場のトイレに行く習慣をつけるなど、何かしら工夫できるといいですね。

ちなみに私の場合、自宅に近い駅のトイレは、女子トイレに洋式と和式が1つづつしかありませんでした。
そうなると、洋式を占拠すると大ヒンシュクになってしまいます…。
かと言って、会社の方はと言いますと、小さな職場だったので、こちらも長い間トイレを占拠できず…。

結局、「職場の方の最寄り駅のトイレ」を使っていました。
大体通る時間はいつも一緒ですし、こちらの駅には、女子トイレの中に洋式が複数ありましたから、待っている人に迷惑をかけることもありません。
一番気持ちが急かされずに便秘と向き合うことが出来ました。

つわりで辛くておう吐した時も、便秘に苦しんだ時も…東京メトロ千代田線の某駅ナカトイレに大変お世話になりました。
急に思い出して涙が出そうです。