ノリノリのりへいがついに登場

Jpeg

 

先週のアンパンマンを観終えて、

久々に予告で心に引っかかるものがあった。

 

 

「ノリノリのりへい」がついに登場するのだ。

 

いつもなら、毎回知らないキャラの登場予告に

「そんなキャラいるの!?」と笑っていたが、

今度の「ノリノリのりへい」は知っていたのだ。

 

何故そんなマイナーキャラを知っていたのかと言うと、

親戚から頂いた、アンパンマンのお下がりの絵本の影響だ。

 

「アンパンマンのたべものあいうえお」という題名。

 

「あ」から始まり「ん」で終わるこの絵本、

ひらがな一文字につきアンパンマンキャラが一人ずつ出てくる。

これの「の」のページに載っているのが「ノリノリのりへい」だったのだ。

 

 

というわけで彼の存在は絵本で知っていたが、

テレビで実際に観るのは初めてである。

 

 

参考書でしか知らなかった英語のフレーズを、

ネイティブスピーカーが街で実際に話していた、

みたいな 軽い「へぇ~ホントにそう言うんだ」的な感心というか。

 

・・・英語より役に立たない知識であるのは仕方ないにしても、

脳科学的には好影響の体験であることには変わらないだろう。

 

 

いつもなら、アンパンマンを観た後に感想を書くのだが、

今回は、もうすぐ登場するキャラクターの予習をしてみようというはじめての試み。

 

この顔の部分、どうやらノりが入っている「缶」であるらしい。

 

あたしの中で海苔と言えば、プラの容器に7~8枚入っているものが

さらに平たいポリか紙のパッケージに入っているイメージだったが、

そういえば缶に入っている海苔なら、昔実家にあったかもしれない。

 

・・・その後お茶っぱや柿ピーを入れる容器として再利用されて、

海苔=缶というイメージもあまりなかったが・・・。

 

名前は「海苔」と「ノリノリ」をかけあわせているのは間違いない。

 

性格も「ノリノリ」なのかと思いきや、

ノリノリというよりは短気ではやとちりが多いということらしい。

 

どちらにしろ、暑苦しい・・・いや、陰か陽かと言われれば、

「ノリノリ」にしろ「短気」にしろ陽ということだろうか。

 

声優は矢尾一樹だ。

ちょうちんへいじと一緒やんけ。

(ちなみに「ちょうちんへいじ」は

ちょうちんの形をした江戸時代風のおかっぴきみたいなキャラ。)

 

・・・しかも元奥さんがこれまた冨永みーなじゃないか。

山寺宏一に引き続き、またアンパンマンで元夫婦を見つけてしまった。

 

(冨永みーなは「ロールパンナちゃん」をはじめ、

レアチーズちゃんやらでんでん一座のしろかぶくんやら、

アンパンマンでも数多くのキャラを担当している声優)

 

・・・声優をあまり調べすぎると、どうやら泥沼にはまりそうだ。

 

さて、そんなわけで今回のノリノリのりへいの活躍が

今から楽しみ・・・にはどうしてもなれない冷めたあたしであった。

 

 

 

※絶版になっていたと思った「アンパンマンの遺書」が

文庫になっていたので買ってしまった。

アンパンマンの誕生秘話のようなもので、結構読み応えがあっておすすめ。

 

 

スポンサーリンク

*****************************

2013年2月22日「ちょうちんへいじとシャーロくん」

2014年1月24日「てっかのコマキちゃんとノリノリのりへい」