ロールパンナが最強と言われる理由

子どもに付き合って観るアンパンマン苦行
Jpeg

アンパンマンのキャラクターの中で、
ロールパンナが一番強いんじゃないかという意見は、結構多いみたい。

アンパンマンを見始めてから1年強、ロールパンナがちょくちょく出てくるたびに、「この子は、他のちょいキャラとも、しょくぱんまん・カレーパンマン的な準レギュラーとも、どうやらちょっと違う扱いをされている」というのは分かった。

「アンパンマンを倒す」という心と、「メロンパンナのお姉ちゃんである」という心を持ち合わせてしまい、苦悩しているロールパンナ。

アンパンマン苦行の先輩男性(もうすぐ50歳)が、「ロールパンナちゃんは、かわいそうなんだよ~」と、しみじみ言っていたのを思い出す。

「背負ってる」というのも彼女の魅力の一つなのは確かだが、やっぱりどストレートな意味での「ロールパンナ最強説」ははずせない。

ロールパンナの戦闘能力は、アンパンマンに匹敵するほと高い。

ルロ~ラ~(巻き舌)と言ってオレンジのリボンで攻撃するロールパンナ。
ブラックロールパンナになる悲しい運命を背負ったロールパンナだが、ブラックになったロールパンナはさらに強くなる。
(ばいきん草でそんなに強くなるなら、ばいきんまん本人もばいきん草に頼ればいいのに。)

そしたら、もしかしたらアンパンマンに勝てるかも?

こんな「にわか」な事を言って、実はもう試していたりしてね。

26年以上続くアンパンマンなら、ありえる話だ。

でもわざわざ調べたりする気はないので、ご了承ください。^^;

で、わざわざ調べてはいないんだけど、たまたま義理実家で見た「アンパンマンクラブ」を録画した話の一つに、ロールパンナがメインの話があった。

「アンパンマンクラブ」は、うちでは見れないんだけど、どうやら一昔前の話を放送しているらしい。

それでは、わざわざばいきんまんが、「バイキン草の威力が弱くなった」と言ってロールパンナを拉致し、もう一度、バイキン草のエキスにつけるという描写までされていた。
一昔前のアンパンマンの方が、幼児向けにしては少し過激な描写が多い。

彼女にはテーマ曲もある。
メロディーは一緒で、アレンジが違ったり、歌物だったりする。

攻撃するときのテーマ曲のアレンジが、めちゃくちゃカッコイイ。

シンフォニックロックっぽくて、スケールがデカい。
一方歌の方は、「二つの心」という題名らしい。

実は、まだ聞いたことはないのだけど。^^;

ところで、あたしがテレビシリーズを観るようになってから、まだブラックロールパンナが出てきていない・・・。

(たまたまツタヤで借りた「ロールパンナとけむりいぬ」でブラックロールパンナを見ることができたが・・・)

ネタ切れか、はたまた幼児はともかく乳児には合わないからか。

・・・そもそも、「乳児には不評でした」みたいな統計、取ってるのか?というところが疑わしいが・・・。

このままブラックロールパンナが忘れ去れれたら、ロールパンナ最強説は、揺らいでしまうかもしれない。
なんていらぬ危機感を抱くあたし・・・^^;

追記

ツタヤで借りた劇場版「夢猫の国のニャニィ」で、ロールパンナの名言があった。

「私は未だに私の役割が分からない。だけど、ニャニィには夢猫の国で役割があるんじゃないか?」

かわいいニャニィを故郷に返したくないとゴネるメロンパンナを最終的に説得した一言。

この、「自分が何者かは分からないけど、人にアドバイスはできる」というスタンスに、「そうか!!」と妙に納得してしまった。

強くてかっこいい人は、「分からない」と言っててもかっこいいんだね。

「自分のことが分からないので、何もしません」じゃなくて、分からないなりに問い続けるロールパンナのようだ。

そして、色々考えることがいっぱいあるから、普段は一人でいるのかもね。

後日談:ホームスクール始めました

本ブログは現在、小学生になった娘がホームスクーリングという仕組みで学んでいる様子を少しずつ記事にして紹介しています。新しい教育方法の選択肢として、もし興味がありましたら参考になさってください😁

コメント

タイトルとURLをコピーしました