RSウイルス感染症の重症化を防ぐには?

スポンサーリンク

RSウイルス感染症は、以前は秋~冬にかかると言われていました。
しかしここ数年は7月でも「発症の増加」が報告されているそうです!
厚生労働省のHP

特に新生児のいるご家庭は注意しましょう。

潜伏期間は?

2日~8日ですが、一番多い典型パターンは4~6日です。

重症化の確率は?

初めてRSウイルスに感染した乳幼児の7割は軽症で済みます。
残りの3割で、喘鳴(ゼロゼロした呼吸)や呼吸困難の症状が現れます。
特に低体重や早産で生まれた子供や、もともと心臓や肺が弱い場合に重症化するリスクが高いです。
生後1か月未満のでRSウイルスに感染してしまうと、お医者さんも診断が困難になるため、重症化の発見が遅れてしまうことも。

生後1か月未満といえば、不要な外出はしないお母さんが多いとは思います。RSウイルスが流行しているようなら、特に外出には注意しましょう。
2人目以降の育児はつい余裕に構えがちですが、実は上のお子さんがRSウイルスをもらってきてしまう分、リスクは高いのです。手洗いうがい、アルコール消毒などを上のお子さんにも行うようにしてあげましょう。

スポンサーリンク

体験談 実はもうかかったことがあるかも?

小児科のお医者さんは、RSウイルスかどうかの特定をあまり意味のないものと感じていらっしゃるようでした。
確定させたところで、特効薬はありません。
症状を和らげるお薬しか処方されませんが、それは普通の風邪と同じだからです。

確かにそう言われるとそうなのですが、保育園に通わせている場合、病名を特定してきてくださいと先生から言われたりします。

私は素直に「お医者さんに病名を特定することはあまり意味がないと言われました」と先生に報告します。
熱が37.5℃以上あればどのみち保育園には行けませんから、きちんとお休みをします。

RSウイルスに感染しても、7割ほどの子供は軽症で済むそうです。
私の子供の場合は、まさに軽症で済んだパターンでしたので、本当に普通の風邪と変わりませんでした。

ただ、別のおうちでは、RSウイルスから始まって肺炎になり、小児科で紹介状を書いてもらって大きな病院に入院した子もいましたので、やはり注意が必要な病気です。
基礎疾患がある、早産のお子さんなどは、急に症状が悪化する事も考えて軽症でも小児科にかかると安心です。

予防方法

特に0~2歳児の重症化が心配ですので、
・大人も子供も「手洗い(流水と石鹸)」または「アルコール消毒」
 (うちの子は泡で出てくる「キレイキレイ」のアルコール消毒がお気に入りです)
・大人も咳をしている場合はマスク!
 (大人は自覚症状なくRSウイルスに感染している場合があるので、飛沫感染を防ぎましょう)
・子供がなめたおもちゃなども消毒を心がけましょう

最後に

RSウイルス感染症は2歳までの子供がほぼ100%かかると言われています。
だからと言って誰にでもうつしていいという話ではありません。
保育所や幼稚園には基礎疾患を持っているお友だちもいます。
そのようなお子さんは重症化すると大変です。
自分の子供にも、この機会に「風邪を人にうつすと大変になるかも知れないんだよ」と教えてあげるようにしています。